タップで電話をかける 03-3893-2519 WEB予約 ご相談フォーム

こどもの矯正 CHILD ORTHODONTICS

MERITS OF CHILD こどものうちに矯正治療に
取り組むことでさまざまな
メリットがあります

こどもは歯を支えている骨が柔らかいため、スムーズに歯を動かすことが可能で、さらに矯正治療の際の痛みも軽いことが多いです。骨が柔らかく歯の移動をスムーズにできるため、顎を広げたり、奥歯を後ろに移動させたりしてスペースを確保することで抜歯のリスクも低減できます。

また、顎の成長をコントロールすることは、こどもの矯正でしかできない特権です。
小児期に矯正治療を行うことで、顎の成長と顔つきのバランスを整えることが可能です。

せっかく歯並びを矯正したとしても、指しゃぶりや舌癖があると再び以前の歯並びに戻ってしまいます。また、発音の仕方や食事の仕方のも悪影響を及ぼします。そのため、癖を早期に改善させ、お口本来の機能を取り戻すことが重要です。

SIGNIFICANCE こどもの矯正の意義

  1. 顎の成長を
    コントロールできる

    成長段階で顎の成長をコントロールすることは、こどもの矯正でしかできない特権です。顎の成長とお顔つきのバランスを整えることができるため、将来お子様がコンプレックスで悩むことをなくせます。

  2. 抜歯の可能性が低くなる

    骨が柔らかく歯の移動がスムーズで、顎を広げたり、奥歯を後ろに移動させたりしてスペースを確保しやすいため、矯正治療の際の抜歯の可能性が低くなります。

  3. 歯が動きやすい

    こどもは歯を支えている骨が柔らかいため、スムーズに歯を動かせます。さらに痛みが軽いことも多いです。

小児矯正と本格矯正

お子様の矯正治療においては、ごく初期に行う小児矯正(Ⅰ期治療)とそれに続く本格矯正(Ⅱ期治療)に分かれています。

  • Ⅰ期治療

    小児矯正は、乳歯のみや乳歯と永久歯が混合している歯並びの時期に矯正することを言います。主に顎のバランスを整えたり、歯が綺麗にならぶスペースを作ったりします。また、舌癖などがある場合には舌のトレーニングをして本来のお口の機能へ改善させます。

  • Ⅱ期治療

    永久歯が生えそろってからの矯正のことを言います。小児矯正をしていたお子様はスペースが確保されていて、抜歯をせずにスムーズに正しい歯並びへ導くことができます。そのため、本格矯正をする期間が最短で済む場合もあります。 また小児矯正のみで、歯並びが改善してその後、永久歯に生え変わっても本格矯正が必要ないお子様もいます。

こうへい歯科クリニックでの
こどもの矯正

当院では、6歳〜7歳くらいのお子様を対象に一度歯並びをチェックさせていただきます。そして必要に応じて、今後お子様に矯正治療が必要になってくるのかお話しさせていただきます。 顎の発達、成長段階であるこの時期に床矯正やマウスピース矯正を行なっていただくことで、顎の成長をコントロールし永久歯が正しい位置に生えてきやすくなるため、本格矯正が不要となり、経済的負担を軽減させることができます。 また、床矯正やマウスピース矯正は、顎の発達をコントロールするだけでなく、正しい発音方法や呼吸法、噛み合わせ、指しゃぶりや舌癖の改善までコントロールすることができます。

  • 床矯正

    床矯正とは、取り外しの矯正装置を使って、少しずつ顎の幅を広げていき、正しい歯並びへ導いていく方法です。そのため自然な歯並びに改善させることができます。 さらに顎を広げながらスペースを作っていくので、永久歯が生えてきた時に、正しい位置に並びやすくなり、抜歯をして矯正治療をするリスクを回避できます。

    就寝中も含め最低でも12時間以上の装着が望ましいことと、取り外しが可能なため管理をきちんとしていないと紛失したり破損したりするため、保護者様の協力が不可欠となります。

    メリット

    • 取り外せるため
      お手入れがしやすい

    • 食事がしやすい

    • 痛みが少ない

    デメリット

    • 装着する時間を自分で
      管理しなければならない

    • 装着中は発音がしにくい

    • 顎の拡大には限界があるため、
      適応症例に限りがある

    • ワイヤー矯正よりも費用が安い

    治療方法

    起きている間に最低でも1時間装着し、寝る時も付けたまま就寝します。その他に毎日口を大きく開けるトレーニングを行います。治療期間は6か月から1年です。それ以上かかる場合は他の装置に切り替えることもあります。

  • プレオルソ

    プレオルソは口腔内で十分な効果を発揮できるよう最初から形が整えられたプリフォームタイプの矯正装置です。型取りは必要なく、お湯で温めてお子様のお口に合わせて調整することができます。柔らかい素材でできているため、装着時も装着中も痛みが少ないのが特徴です。

    装着することで舌が自然に持ち上がり、トレーニングになるだけでなく、悪習癖と呼ばれるお口の癖を修正することもできます。硬さや大きさ、形もいろいろな種類があり、歯科医師の診断のもと、症状に合わせた装置をご案内いたします。

    メリット

    • 痛みがあまりなく、負担が少ない

    • 取り外せるため、
      手入れがしやすい

    • 日中の1時間と就寝時のみの
      装着で済む

    デメリット

    • 装着時間を守るために管理が必要

    • 本格的な矯正治療が必要に
      なることもある

    • お口の筋肉トレーニングが
      毎日必要

    治療方法

    毎日12時間以上、装置を装着します。装置の中央にあるスクリューを定期的に回して装置を拡大し、顎を広げていきます。治療期間は1年から3年で、その後は経過観察を行います。

  • マイオブレイス

    マイオブレイスは取り外しが可能なマウスピース型の矯正装置で、アクティビティと呼ばれる筋機能を矯正するトレーニングを行います。お子様の口呼吸やお口ポカン、舌の悪癖や姿勢を改善に導くことで、小児期の顎の正常な発育を促し正しい歯並びへと矯正する治療法です。

    また、マイオブレイスを使用した矯正治療を行うことで、歯並びだけでなく免疫力の向上、アトピー性皮膚炎やぜんそくの改善などといった全身の健康にかかわるメリットも期待できます。

    メリット

    • 痛みが少ない

    • 取り外しが可能

    • 日中1時間と就寝時のみの
      装着で済む

    デメリット

    • 装着時間を自分で管理する
      必要がある

    • 本格的な矯正治療が必要に
      なることもある

    • お口の筋肉トレーニングが必要

    治療方法

    起きている間に最低でも1時間、就寝時も装置を付けることで歯を動かします。その他にも、お口を大きく開けるトレーニングを行います。治療期間は約2年間です。

  • インビザラインファースト

    インビザラインファーストとは、マウスピース型の矯正装置です。床矯正と同じように、少しずつ顎の幅を広げていき、正しい歯並びに導いていきます。透明な薄いプラスチック製のマウスピースのため、見た目の変化や違和感が少なく矯正ができます。さらにマウスピースは薄くて滑らかなプラスチックのため、スポーツや遊んでいる時でも安心して装着していられます。

    ただし20時間以上装着できないと効果が発揮できなかったり、矯正期間が延長されたりするため気をつけて、きちんと装着しないといけません。 また、適応条件があり、誰でもできる矯正ではないため、事前に歯科医師との相談が必要となります。

    メリット

    • 薄くて透明な樹脂製の装置なので、目立たない

    • 取り外して食事や歯磨きができる

    • 装置の違和感が少ない

    デメリット

    • 装着する時間を自分で管理
      しなければならない

    • 装着中は発音がしにくい

    • 毎日装着しないと効果が現れない

    • 適用症例が限られている

    治療方法

    1日20時間以上、マウスピースを装着し、歯を動かします。期間は1年半以内が目安となります。

CONTACT ご予約・お問い合わせはお気軽に

CONTACT

03-3893-2519

診療時間 9:00-13:00 / 14:00-18:00
土曜は17:30まで 日曜・祝日休診

WEB予約 ご相談フォーム